amazonギフト券買取で被害に遭った場合の対処法

amazonギフト券買取を業者に依頼したものの、約束通りの金額が振り込まれなかったり、ギフト券を持ち逃げされたりしたというトラブルが数多く発生しています。とはいえ、大半のケースでは業者がすぐにサイトの情報を消してしまうため、警察に相談しても摘発まで至ることはほとんどありません。そのため多くの人は泣き寝入りを強いられているのが現状です。とはいえ、「どうしても泣き寝入りはしたくない」という人は、どのような手段を講じることができるでしょうか。

もし買取業者のサイト運営が続いているようであれば、弁護士あるいは消費者センターに相談してみましょう。取引記録と振り込み額を照らし合わせて、確実にだまし取られたということが立証できれば、被害額を取り戻すチャンスはあるでしょう。ただし、訴訟費用や弁護士費用を計算してから決定を下しましょう。

もう1つの方法は「amazonへ通知すること」です。詐欺行為によって不正にギフト券を盗られたと通知することにより、ギフト券の使用を停止してもらうことが可能となり、悪質業者はギフト券をアカウントへ登録することができなくなります。ただし、amazonギフト券を現金化目的で購入した場合には、この通知によって、amazonアカウントおよびクレジットカードが使用停止になる可能性があることを覚えておきましょう。

コメントを残す