amazonギフト券買取を個人に依頼するリスクはあるか

amazonギフト券買取を専門の業者へ依頼するのではなく、ギフト取引専用サイトやオークションサイトを利用して個人間取引で現金化する人が多くなってきています。個人間取引のメリットは「換金手数料が発生しないこと」や「自分で価格を設定できること」など幾つかのメリットがあります。とはいえ、リスクも存在することを忘れないようにしましょう。

売り手側のリスクは「買い手が付かないこと」です。買取業者を利用すれば、ほぼ確実にギフト券を買い取ってもらうことができます。一方、取引サイトを利用した個人間売買の場合、どれほど売り手が売却を望んだとしても、購入希望者がいなければディールは成立しません。とはいえ、「早く買って欲しいから」と考えて売却価格を下げてしまっては元も子もありません。納得できる買い手が現れるまでじっくり待つことができるかどうかがポイントとなります。

買い手側のリスクは「使用できないギフト券」です。Eメールタイプのギフト券を取引する場合は、確認作業が容易なため、使用できないギフト券が届くリスクはあまりありません。一方、カードタイプなど紙媒体のギフト券を購入して、いざアカウントに登録しようとしたらできなかった、というトラブルが数多く報告されています。たとえ取引相手に抗議したとしても、「正規のギフト券だ」と言われればそこまでです。こうしたリスクを踏まえた上で、取引方法を決定しましょう。

コメントを残す