amazonギフト券買取は違法なのか

「amazonギフト券買取は違法だから、決してこの取引をしてはいけない」という警告文を載せたサイトを頻繁に見かけます。では、実際にamazonギフト券を買い取ってもらうことは法律に違反しているのでしょうか。端的に言えば、答えは「No」です。

金券や商品券の買い取りに関しては、古物商の許可番号を取得している業者あるいはお店に限って行うことができます。一方、amazonギフト券は古物営業法の定める「金券」に該当していません。ですから、古物商の資格を持っていない業者がamazonギフト券を買い取るとしても、違法行為には当たりません。また「amazonギフト券の買い取りは古物商に限る」という条例を制定している地方自治体も現在のところありません。

amazonギフト券を売る側も、違法ではありません。唯一amazonの定める規約に抵触するのは「はじめから換金目的で、ギフト券をクレジットカードで買うこと」です。ですから、「使おうと思って購入したものの、使い道がないから売却したい」という場合には、何ら問題はないわけです。

とはいえ、amazonギフト券買取をうたって詐欺行為を働く悪質業者が近年増えてきていることから、近い将来電子マネー取引に関する明確な法律が制定されるだろうと予想されています。(データは2017年現在)

コメントを残す