聞いておくべき」カテゴリーアーカイブ

amazonギフト券買取は違法なのか

「amazonギフト券買取は違法だから、決してこの取引をしてはいけない」という警告文を載せたサイトを頻繁に見かけます。では、実際にamazonギフト券を買い取ってもらうことは法律に違反しているのでしょうか。端的に言えば、答えは「No」です。

金券や商品券の買い取りに関しては、古物商の許可番号を取得している業者あるいはお店に限って行うことができます。一方、amazonギフト券は古物営業法の定める「金券」に該当していません。ですから、古物商の資格を持っていない業者がamazonギフト券を買い取るとしても、違法行為には当たりません。また「amazonギフト券の買い取りは古物商に限る」という条例を制定している地方自治体も現在のところありません。

amazonギフト券を売る側も、違法ではありません。唯一amazonの定める規約に抵触するのは「はじめから換金目的で、ギフト券をクレジットカードで買うこと」です。ですから、「使おうと思って購入したものの、使い道がないから売却したい」という場合には、何ら問題はないわけです。

とはいえ、amazonギフト券買取をうたって詐欺行為を働く悪質業者が近年増えてきていることから、近い将来電子マネー取引に関する明確な法律が制定されるだろうと予想されています。(データは2017年現在)

amazonギフト券買取で被害に遭った場合の対処法

amazonギフト券買取を業者に依頼したものの、約束通りの金額が振り込まれなかったり、ギフト券を持ち逃げされたりしたというトラブルが数多く発生しています。とはいえ、大半のケースでは業者がすぐにサイトの情報を消してしまうため、警察に相談しても摘発まで至ることはほとんどありません。そのため多くの人は泣き寝入りを強いられているのが現状です。とはいえ、「どうしても泣き寝入りはしたくない」という人は、どのような手段を講じることができるでしょうか。

もし買取業者のサイト運営が続いているようであれば、弁護士あるいは消費者センターに相談してみましょう。取引記録と振り込み額を照らし合わせて、確実にだまし取られたということが立証できれば、被害額を取り戻すチャンスはあるでしょう。ただし、訴訟費用や弁護士費用を計算してから決定を下しましょう。

もう1つの方法は「amazonへ通知すること」です。詐欺行為によって不正にギフト券を盗られたと通知することにより、ギフト券の使用を停止してもらうことが可能となり、悪質業者はギフト券をアカウントへ登録することができなくなります。ただし、amazonギフト券を現金化目的で購入した場合には、この通知によって、amazonアカウントおよびクレジットカードが使用停止になる可能性があることを覚えておきましょう。

即日振込のハッピーマネーでamazonギフト券買取

amazonギフト券買取で知られる「ハッピーマネー」は、株式会社AGPハッピーマネー事業部が運営するamazonギフト券買取サイトです。サイトには、古物商許可番号と受付の電話番号がちゃんと記載されているので、信頼してよい買取業者だと思います。

ハッピーマネーでのamazonギフト券の買取手続きはすべてインターネット上で完結します。申し込みにいたっては24時間受付中です。平日の10~19時までではありますが、電話での対応もしているので、なにかわからないことがあったときでも安心です。

ハッピーマネーで買取を行っているamazonギフト券はEメールタイプのみです。サイトには換金率90%とありますが、実際は日ごとに変動があるようです。買取を依頼する前にしっかり確認しておきましょう。なお、換金率はなかなか高いのですが、5万円未満の取引については540円の出金手数料がかかります。なので、少額のamazonギフト券しかないという人にはネックになるでしょう。しかし、5万円分以上のamazonギフト券があるという人にはなかなか良い業者だと思います。買取金額の振込ですが、平日の午前9時までにamazonギフト券の番号が向こうに届けば、その日のうちに振込してくれるようです。