月別アーカイブ: 2020年6月

返済無しってホント?

クレジットカード現金化は返済する必要がない?

クレジットカード現金化で現金を手に入れたら、いずれ返済しなければならないと思っている人は多いです。しかし、クレジットカード現金化はカードローンと違って、業者に現金化したお金を返済する必要は一切ありません。通常のクレジットカードによるショッピングと一緒で、後々カード会社から代金の請求が来るため、同じように支払えば完了です。クレジットカード現金化は、現金化業者からお金を借りるサービスではないことを覚えておきましょう。

「でも手数料などを支払う必要があるのでは?」と思う人もいるでしょう。しかし現金化した段階で、その手数料を実質支払っています。クレジットカード現金化には換金率が設定されています。例えば換金率90%のクレジットカード現金化業者を利用した場合、カードで支払った代金の9割が現金として手に入ります。つまり、残りの10%を実質手数料として負担した計算になります。もし、別途手数料を請求してくるような現金化業者があれば、それは悪徳業者の公算が大きいです。

カード会社に代金を支払うわけですが、その返済方法はいくつかあり、クレジットカードの保有者が任意で決められます。一括払いは1回で利用代金を全額支払う方式です。一括払いであれば、金利手数料は一切かかりません。ショッピングの代金分だけ支払えばいいので、余計なコストがかからないのはメリットといえます。クレジットカードの支払方法には分割払いもあります。これは代金を何回かに分割して返済する方法です。3回払い以上の分割で返済する場合、金利手数料がかかります。

クレジットカードの支払方法に、リボ払いがあるのもご存知の方は多いでしょう。リボルビング払いの略称で、毎月支払う金額を決めて返済する方法です。月々支払う金額が決まっているので、返済計画は立てやすくなります。しかし、特に元金が大きくて月々の支払額が少ないと、返済期間がどうしても長くなりがちです。すると、それだけ余計に金利手数料を支払うことになってしまい、返済総額が大きくなります。クレジットカード現金化の返済方法としては、あまりお勧めできません。

そのほかにもボーナス払いなどを用意しているクレジットカード会社もあります。クレジットカードの支払方法は、カード会社によりまちまちです。特に分割払いの場合、最高何回まで分割できるかはカード会社によって変わってきます。もし支払い条件などがわからなければ、クレジットカード現金化サービスを利用する前に確認しておくといいでしょう。